古典芸能へようこそ

歌舞伎、能・狂言、文楽などの世界に魅了されて20年。 「敷居が高い」と避けられがちの古典芸能の楽しみ方を少しでも分かりやすくお伝えできればと思います。

女遊びは芸の肥やし?

先日、八代目中村芝翫を襲名予定の中村橋之助丈の不倫騒動が世間を騒がせましたね。

www.nikkansports.com

 

まあ、一歌舞伎ファンとしては、この手の話はよくあることなので

橋之助丈も頑張ってるね~」

くらいの気持ちで聞いていたのですが、世相が変わるとはこういうことかと思うのが、ネット上での結構な非難の嵐。

 

まあ今年は特に「ゲス不倫」に代表される不倫騒動が立て続けに報じられただけに、余計に叩かれ方もハンパではない感じですな。

 

そんな世相だけに、果たしてこの後、どうなることやらと思ってますと、

www.nikkansports.com

 

三田さん、しっかり対応しましたね。

 

まあ、普通の家庭なら、これで済むわけがないのですが、済んでしまうのが「梨園」と呼ばれる歌舞伎界の在り様。

 

 

「女遊びは芸の肥やし」という言葉がありますが、特に歌舞伎の世界では「男と女の色恋沙汰」がテーマになる演目も多いので、

 

「女遊びもしたことのない奴は、ロクな役者にならない」

 

と言われたりします。

(まあ、女遊びをすることの言い訳にすぎないという意見もありますが)

 

まあ、ちょっと古いところでは「人間国宝」の坂田藤十郎丈の騒動もありました。

friday.kodansha.ne.jp

当時は「中村鴈治郎」を名乗っていましたが、「人間国宝」という肩書に一目を置いていた人たちからは、ずいぶん非難されたものです。

もっとも、この時は奥さんの扇千景さんが

「女性にモテない夫なんてつまらない」

と言い放って、役者の妻の貫録を見せつけることで、大団円に終わらせてしまいました。

 

正直、今回の件もフライデーが騒ぐまでもなく、三田さん自身はとっくの昔から知ってることだと思います。

お二人の会見の内容からしても、「三田さんが橋之助丈を叱った」というのは、「浮気をしたことに腹を立てた」というより

「大事な時期に、くだらない写真を撮られてるんじゃないわよ!

あたしが恥をかくじゃない!」

という感じでしょう。

 

思えば、先代の芝翫丈が亡くなって早5年。

兄の福助丈も病気療養で歌右衛門襲名が無期限延期になってしまった今、成駒屋宗家を支えるのは橋之助丈ただ一人。

 

三田さんにしてみれば「もっと自覚を持ちなさい」というところでしょうね。

 

その三田さんも、義母、義姉がいるとは言え、実質的には「成駒屋の女将」と言っていい立場。

ましてや後継ぎとなるべき男の子を3人も生むなんて、今どきの梨園では珍しい奥さんです。

本来なら、これだけでも梨園の奥様方の中では、絶大な発言力があってもいいくらいのことをしてきた人です。

 

世間一般の評価は様々でしょうが、一歌舞伎ファンの感想としては

「この奥さんがいる限り、成駒屋は安泰!」

というところです。